総合ディスクロージャー&IR研究所

宝印刷株式会社

ESG/統合報告研究室ESG

研究室紹介

ESG/統合報告研究室について

ディスクロージャーの制度・実務や任意開示(IR)の領域を総合的な見地から調査・研究している当研究所において、資本市場が求める財務情報とESG情報を結び付けて企業価値を伝える統合報告に関する研究を強化する目的で、ESG/統合報告研究室が2015年11月に開設されました。
ESG/統合報告研究室は宝印刷グループの一員として、制度開示・任意開示問わず、「統合思考」を用いて、真の企業価値を表現するための研究・分析などを進め、皆様にとってより有益な情報を提供していきます。

活動方針

ESG/統合報告研究室では、「統合思考をベースとしたコーポレートコミュニケーション」をお客様と共に目指すことを目的とし、制度開示・任意開示問わず「統合思考」を用いて真の企業価値を表現するための研究・分析などを進めています。
IIRC(国際統合報告評議会)の国際統合報告フレームワークが公表されて以来、統合報告書を発行する企業数は年々増加傾向にあると共に、統合報告のあり方について多くの関係者による議論がなされています。
現在発行されている統合報告書のスタイルを完成形としてとらえるのではなく、各企業にマッチする情報開示の手法により企業価値を伝えることが重要であると私たちは考え、その支援の在り方を追求しています。宝印刷が創業以来、企業のディスクロージャー支援に携わってきた実績と培った信頼を背景に、統合報告の意義をより多くのお客様にご理解いただき、統合思考から見えてくる本来の企業価値を機関投資家ばかりではなく個人投資家の方々にも広く認識いただけるよう、フェアディスクロージャーを目指した情報開示を支援していきます。