総合ディスクロージャー&IR研究所

宝印刷株式会社

調査研究報告Research

研究員レポート

統合報告書分析レポート

統合報告書分析レポート「SDGs実現に向けた統合報告のためのコア指標(財務・社会・ガバナンス編)」を発行しました

今回の調査は、国際統合報告評議会(International Integrated Reporting Council:IIRC)の支援を受けて国際連合貿易開発会議(UNCTAD)で2018年10月24日に発表された、持続可能な開発目標(SDGs: Sustainable Development Goals)実現に向けた統合報告のためのコア指標について、環境に関する指標を取り上げた前回調査の続編である。
このコア指標には、環境以外に財務・社会・ガバナンスに関する指標を含んでおり、これらについて2018年9月末までに狭義の統合報告書を発行している企業が統合報告書でどのように記載しているかを報告する。

<レポートサマリー>
■低位の開示率にとどまる指標においても、指標算出の前提となる活動についての定性情報の開示は充実
■定性情報等から取り組みが伺えるケースは定量データとしての開示を期待

前編(環境指標編)はこちら
https://rid.takara-printing.jp/res/report/cat/2019/post752.html

    

ランキング